VVVF製作所

VVVF製作所


 CADで鉄道模型を設計してみる(東武8000系 その2)

TOP > 3D鉄道 >CADで作る鉄道模型 東武8000系(2)

オリジナルの鉄道模型を製作するため、フリーのCADソフト「Design Spark Mechanical」を導入し、試しに東武8000系の模型をモデリングしてみました。縮尺は1/45とし、Oゲージ規格に合わせます。

東武8000系(旧前面) 先頭部の3Dモデリング 前照灯・尾灯を作る

東武8000系のヘッドライト台座を描画(CAD) 今回は東武8000系(旧前面)のヘッドライト・テールライトの台座を作ります。まずは画面上部にある、デザインタブのスケッチから「円」ツールを選択し、ライトの台座を描画します。前回の記事でご紹介した通り、東武8000系の先頭部は折妻形状で、3つの面から構成されていますが、ライトの台座は真正面を向いており、貫通扉と平行した面の上にライトが取り付けられます。


東武8000系のヘッドライト台座を描画2(CAD) 円と直線で大まかに作成した形状から、余分な線を削除することでライト台座の面を作ります。ライトを取り付けることで、かなり電車の先頭部らしくなりますね。


広告


東武8000系 ヘッドライト台座の作成(CAD) これまでの手順で作成したライト台座の面を「プル」により立体化し、車体前面と接合します。これでライトの台座が先頭部と一体になりました。Design Spark Mechanicalでは、プルにより面を押し出すときに、別の物体(ソリッド)と交差した部分を統合するか、削除するかを選択できるようになっており、ここでは交差部分を統合させています。


東武8000系 ヘッドライト台座の微調整(CAD) ライト台座の厚みを「プル」により微調整します。この台座の上に、ヘッドライトとテールランプを作成していきます。


東武8000系 ヘッドライトの作成(CAD) ライト台座の上に「円」ツールでヘッドライトと尾灯を描画し、「プル」によりライトの外枠を造形します。だいぶ東武8000系らしくなってきました。ただ、車体の外形が角ばっているためか、東急7000系などの別の車両にも似ているような印象を受けます。


東武8000系 車体の面取り(CAD) 車体の角ばった部分を、面取りにより滑らかにしました。これだけで、かなり東武顔に近づきます。貫通扉の上部には行先方向幕が取り付けられるのですが、行先方向幕の周辺がやや複雑な形状になるため、この段階では完全な面取りはしていません。


東武8000系 行先方向幕の作成(CAD)  前面窓と同じ要領で、行先方向幕を作成します。こちらもガラスがHゴムで囲まれています。ちなみに、東武8000系の未修繕車の中で、表示器をLED化されたグループは、行先表示器の枠が拡大されていました。今回モデリングしている車両は、原型車(8111F)をモデルにしています。次回の記事では、行先表示器や細部の作りこみを行います。


 【前の記事】3Dプリンタで作る東武8000系(1) 【次の記事】3Dプリンタで作る東武8000系(3) 

 【戻る】3D鉄道のモデリング記事一覧

inserted by FC2 system