VVVF製作所

VVVF製作所


 高周波分巻チョッパ装置の解析 東京メトロ01系

TOP > VVVF装置・チョッパ装置の解析 >東京メトロ01系(チョッパ車)

東京メトロ銀座線で活躍した、01系車両の高周波分巻チョッパ装置の変調周波数を解析してみます。

車両紹介 東京メトロ01系

東京メトロ01系 東京地下鉄01系は、銀座線の浅草~渋谷間で活躍した、東京メトロの通勤電車です。01系のうち第1編成~第36編成は、制御方式として高周波分巻チョッパ方式が採用されています。その後製造された第37編成~第38編成の制御方式には、VVVFインバータ制御が採用されました。銀座線は日本国内における最も古い地下鉄であり、トンネル断面積が小さいという事情から車体長は16mです。
1000系車両の導入により、2017年春に最終編成が引退しました。一部編成は改造の上、熊本電鉄で活躍しています。


広告


高周波分巻チョッパ装置の解析 東京メトロ01系

モハラジオにより録音した東京メトロ01系(チョッパ車)の磁歪音がこちらです。
【元動画はこちら】モハラジオ録音 東京メトロ01系(チョッパ車)



モハラジオで測定した東京メトロ01系の変調周波数 モハラジオで録音した東京メトロ01系(チョッパ車)の磁歪音の推移を、音声解析ソフト「WaveTone」を用いてグラフ化すると、このようになりました。


東京メトロ01系の変調周波数 モハラジオによる測定結果から、東京メトロ01系の高周波分巻チョッパ装置内部におけるキャリア周波数の推移は、このようになっていると思われます。


 【前の記事】E231系1000番台の解析 【次の記事】東京メトロ03系の解析 


inserted by FC2 system