VVVF製作所

VVVF製作所


 高周波分巻チョッパ装置の解析 東京メトロ03系

TOP > VVVF装置・チョッパ装置の解析 >東京メトロ03系(チョッパ車)

日比谷線を走る通勤電車でおなじみの、東京メトロ03系の高周波分巻チョッパ装置の変調周波数について解析してみました。

車両紹介 東京メトロ03系

東京メトロ03系 東京地下鉄03系は、日比谷線の中目黒駅から、東武伊勢崎線・日光線に直通して南栗橋まで乗り入れる、東京メトロの通勤電車です。
03系のうち初期に作られた車両は、制御方式として高周波分巻チョッパ方式が採用されています。その後、機器更新工事により第1編成から第8編成までがVVVFインバータ装置に換装され、現在のチョッパ車は第9編成から第25編成までの17本です(2017年1月現在)。ラッシュ時の輸送力強化のため、第9編成から第28編成の前後4両は5ドア車になっています。
日比谷線のトンネル断面積が小さいという事情から車体長18mで製造されましたが、東武線内を走る車両の大半は車体長が20mであり、03系はホームドア設置の足かせになることから、20m級新型車両(東京地下鉄13000系)への置き換えが決定しています。


広告


高周波分巻チョッパ装置の解析 東京メトロ03系

東京メトロ03系の高周波分巻チョッパ装置 東京メトロ03系の床下に設置されている高周波分巻チョッパ装置です。類似した高周波分巻チョッパ装置は、東京地下鉄東西線05系の一部に搭載されています。銀座線01系や丸ノ内線02系の初期車も、高周波分巻チョッパ方式として登場しました(02系はVVVF化済み)。


モハラジオにより録音した東京メトロ03系(チョッパ車)の磁歪音がこちらです。
【元動画はこちら】モハラジオ録音 東京メトロ03系(チョッパ車)



モハラジオで測定した東京メトロ03系の変調周波数 モハラジオで録音した東京メトロ03系(チョッパ車)の磁歪音の推移を、音声解析ソフト「WaveTone」を用いてグラフ化すると、このようになりました。


東京メトロ03系の変調周波数 モハラジオによる測定結果から、東京メトロ03系の高周波分巻チョッパ装置内部におけるキャリア周波数の推移は、このようになっていると思われます。


 【前の記事】東京メトロ01系の解析 【次の記事】東急電鉄1000系の解析 


inserted by FC2 system